入れ歯

当院における入れ歯の考え方

入れ歯でも見映えを良くして、長く維持することは可能です

近年、歯がなくなった場合の治療方法としてインプラントが注目される傾向にありますが、入れ歯治療であっても、方法次第で見映えが良く、長く維持することは可能です。
金額的にインプラント治療を受けるのが難しい場合は、いかに患者さんに合った入れ歯を作って行くかを検討していきます。

当院が行っている工夫

患者さんの口の筋肉の動きに合わせた入れ歯を作ります

当院では、患者さんの口に合った質の高い入れ歯を作る場合、プラスチック製の仮入れ歯をつくり、そこに柔らかい裏装材を入れます。
患者さんが仮入れ歯を使っているうちに口の筋肉の動きが裏装材に記憶されます。その情報をもとに、患者さんの口になじむ入れ歯を作ることができるのです。

扱っている入れ歯

マグネットデンチャー

磁力を利用して吸着させるため、外れにくい特徴があります。残っている歯根の部分に磁力のある金属を埋め込み、入れ歯の方に小型の磁石を取り付けます。
ノンクラスプデンチャーと同様に、入れ歯を固定するための金属バネが不要であるため、見映えも良いです。

金属床義歯

床が金属でできています。強度が高いため、床を薄くすることができ、違和感が少ないことが特徴です。
熱伝導性に優れているため、食べ物の温度を感じやすいほか、割れにくく変形しにくいといったメリットもあります。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントを活用した入れ歯です。歯を失った部分に数本のインプラントを埋め込み、その上に総入れ歯を被せます。
インプラントの支えを利用してしっかりと固定されるため、入れ歯がずれたり擦れたりして痛みが出るといった問題が起こりにくくなります。

ノンクラスプデンチャー

柔らかく、弾力性に富んだ素材を使っているため、残った歯への負担が少ないことが特徴です。
また、入れ歯を固定するための金属のバネがないため、目立ちません。歯ぐきにフィットして違和感が少ない、軽くて薄い、金属アレルギーが起きないといったメリットがあります。

アフターケア

マグネットデンチャーなどを使っている場合は、土台となっている歯のメンテナンスが大事です。
自分では十分にブラッシングをすることが難しいので、定期的に歯科医院でケアをしてもらいましょう。

WEB予約
スタッフブログスタッフブログ 患者さんの声患者さんの声 院長ブログ院長ブログ 歯科サプリ歯科サプリ 経験者 歯科衛生士募集中経験者 歯科衛生士募集中 新卒 歯科衛生士募集中新卒 歯科衛生士募集中 ドクターズファイル 当院のドクターが紹介されましたドクターズファイル 当院のドクターが紹介されました 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC信頼できる医療機関を探せる Medical DOC
tel_sp.png