審美歯科

当院が考える審美歯科

見映えの良さをはじめ、総合的な改善をめざせる治療です

審美歯科とは、歯の美しさに焦点を置いた歯科治療のことを言います。詰め物や被せ物、ホワイトニングなどで歯の見映えを良くすることで笑顔に自信が生まれ、人前で口を開けて思いきり笑えるようになります。人生を豊かにする治療とも言い換えることができるでしょう。

見映えを良くすると、きれいな歯を守っていきたい気持ちが高まり、ブラッシングなどのセルフケアに力を入れるようになる方が多いため、予防的な効果も見込めます。また、詰め物や被せ物を替えることで、噛み合わせを良くしたり、ブラッシングがしやすい環境にすることもできます。

つまり審美歯科とは、歯の美しさに焦点を置きつつも、単なる美容だけではなく精神的な部分や歯の機能、予防といった側面の向上を図ることができる、総合的な歯科治療なのです。
「機能美」これが当院の提供する審美歯科です。

ご興味のある方は、ページ下部の症例写真をご覧ください。

前歯には奥歯を守る役割。奥歯には前歯を守る役割があります。噛み合わせの力が大きく加わる奥歯、特に夜間のかみしめやくいしばりの力を逃すのは前歯の役割です。

総合治療
人工骨補填。歯肉移植。咬合改善。フェイスボウ。矯正とのコラボレーション。セファロ。補綴。ベニア。ホワイトニング。

ホワイトニング

ホワイトニングとは

歯に薬剤を浸透させて、安全に白くする方法です

ホワイトニングとは、歯に専用の薬剤を塗って着色を落とし、歯を白くする治療法です。
歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、患者さん自身で取り組むホームホワイトニングの2種類があり、当院ではホームホワイトニングを行っています。

ホームホワイトニング

手軽に取り組めて、潤いのある白い歯にすることができます

ホームホワイトニングは、ご自宅などで薬剤を入れたマウスピースをはめて歯を白くする方法です。患者さんの空いた時間に自由に装着でき、また、強い薬剤を使うオフィスホワイトニングに比べて薬剤がしみることが少ないため、手軽に取り組むことができます。

オフィスホワイトニングに比べて歯が白くなるまでに時間が必要で、およそ2週間~1ヵ月かかりますが、その分、オフィスホワイトニングよりも白さが長持ちします。薬剤に水分が入っているため、潤いのある白い歯にすることができることも特徴です。

症例1

ホワイトニング術前

ホワイトニング術後

症例2

ホワイトニング術前

ホワイトニング術後

症例3

ホワイトニング術前

ホワイトニング術後

症例4

ホワイトニング術前

ホワイトニング術後

詰め物・被せ物(セラミック・ジルコニア)

精密な型取り。方法が違います。

精密な補綴物を作るため、ある工夫で正確に型取りをしています

当院では詰め物や被せ物(補綴物・ほてつぶつ)の治療を行う際に、歯と補綴物がしっかりとフィットするようにある工夫をしています。歯と補綴物にすき間がないことで見映えや適合が良くなり、また、すき間から細菌が入らなくなるためむし歯の再発率を低くすることができます。
歯と補綴物を密着させるためには、補綴物の型取りをいかに正確に行うかが大変重要です。当院では精密な型取りのために、歯肉圧排(しにくあっぱい)という作業を行っています。
これは、歯と歯肉の間に細い糸を入れてわずかなすき間を作ることで、境目の部分を型取りしやすくするものです。
また、精度の出るシリコン印象材という材料を用いて型取りをします。
いずれも時間とコストがかかるため保険治療ではできませんが、保険外治療ではこのような最も良い方法で型が取れます。

患者さんからするとわかりにくいかもしれませんが、精密な補綴物を作るためには欠かせない作業なのです。

当院がお勧めする詰め物・被せ物

詰め物・被せ物には現在、見映えが良く、質の高いものが豊富にあります。それらの中でも当院が特に患者さんにお勧めしている補綴物をご紹介します。

オールセラミック

最も透明度が高く、潤いのある白さを持っています

セラミックとは、有田焼などで知られる陶器の材料(陶材)のことで、このセラミックが主成分の補綴物を「オールセラミック」と言います。金属は使用しません。

メリット
  • 補綴物の中では最も透明度が高く、天然の歯のような潤いのある白さを持つ。
  • 金属アレルギーが起きない。
  • 表面が滑らかであるため、歯垢や食べ物の色素がつきにくい。
  • 金属を使っていないため、金属部分が見えたり、歯ぐきが黒ずんだりすることがない。
デメリット
  • 健康保険が適用されないため、金額的な負担が大きい。
  • 金属冠と比較すると衝撃に弱い。
ジルコニア

セラミックの中で最も硬く、衝撃に強い補綴物です

ジルコニアはセラミックの一種で、セラミックの中で最も硬いという特徴があります。大きな衝撃が加わりやすい奥歯の被せ物に使われることの多い補綴物です。

メリット
  • 硬度が高く、大きな衝撃にも耐えうる。
  • 金属アレルギーが起きない。
デメリット
  • 健康保険が適用されないため、金額的な負担が大きい。
  • セラミックの中では透明度が低い。
セラミックインレー、アンレー

セラミックの中で最も歯と接着し、天然の歯に近い強度を持ちます

e.max(イーマックス)は、歯と強く接着できますので、かぶせる必要のない歯を部分的に覆う処置に向いています。健康な歯をできるだけ削らない、体に優しい補綴物だと言えるでしょう。

メリット
  • セラミックの中で最も歯との接着力が高い。
  • 金属アレルギーが起きない。
  • 天然の歯と強度が近く、歯が過度に摩耗しない。
デメリット
  • 健康保険が適用されないため、金額的な負担が大きい。

症例1

審美術前

審美術後

症例2

審美術前

審美術後

症例3

審美術前

審美術後

症例4

審美術前

審美術後

症例5

審美術前

審美術後

WEB予約
スタッフブログスタッフブログ 患者さんの声患者さんの声 院長ブログ院長ブログ 歯科サプリ歯科サプリ 経験者 歯科衛生士募集中経験者 歯科衛生士募集中 新卒 歯科衛生士募集中新卒 歯科衛生士募集中 ドクターズファイル 当院のドクターが紹介されましたドクターズファイル 当院のドクターが紹介されました 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC信頼できる医療機関を探せる Medical DOC
tel_sp.png